よいお年をお迎えください!

パイロット免許への水先案内人

須永です!

久しぶりの投稿となります。

プライベートパイロットの筆記テストに

必要な内容を一通り網羅した時点で、

一区切りをつけてから新しい更新は

していませんでした。

 

その後は、

読者さんから記事の内容の誤りの指摘や

質問などの問い合わせに

お応えする作業は続けておりました。

 

みなさんと力を合わせて

より良い内容のサイトに

していけたらと思います。

今後も

どんなに小さなことでも構いませんので、

腑に落ちない点やご質問がございましたら

ドシドシお寄せください。

 

もし、

コメント欄に投稿するのが恥ずかしかったり、

不都合がある場合は

「お問い合わせ」から直接ご連絡ください。

平成30年も終わろうとしています。

大変お世話になりました。

良いお年をお迎えください。

 

引き続きこれからも

よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Takumi より:

    久しぶりにコメントします。
    解説していただきたい問題があります。

    During a cross-country flight you picked up rime icing which you estimate is 1/2″ thick on the leading edge of the wings. You are now below the clouds at 2000 feet AGL and are approaching your destination airport under VFR. Visibility under the clouds is more than 10 miles, winds at the destination airport are 8 knots right down the runway, and the surface temperature is 3 degrees Celsius. You decide

    Answer. Use faster than normal approach and landing speed
    よろしくお願いします。

  2. Takumi より:

    久しぶりにコメントします。
    解説していただきたい問題があります。

    During a cross-country flight you picked up rime icing which you estimate is 1/2″ thick on the leading edge of the wings. You are now below the clouds at 2000 feet AGL and are approaching your destination airport under VFR. Visibility under the clouds is more than 10 miles, winds at the destination airport are 8 knots right down the runway, and the surface temperature is 3 degrees Celsius. You decide

    A. Use a faster than normal approach and landing speed

    よろしくお願いします。

    • 須永 学 須永 学 より:

      Takumi 様

      お久しぶりです!
      ご質問ありがとうございます。

      先ずは問題文と選択肢Aを訳してみましょう。

      野外飛行中 ライムアイス(霧氷)を拾った 
      その氷は あなたの見積りでは 1/2インチの厚さがある 翼の前縁に

      あなたは今 雲の下 地上高度2,000フィートで 
      目的地空港にアプローチしています 有視界飛行にて

      雲の下の視程は 10マイル以上 
      目的地空港の風は 8ノットです 滑走路に対してちょうど向かい風で
      地表温度は 摂氏3度
      あなたは決断する

      A.使用を 通常のアプローチ速度と着陸速度より 速い速度を

      解説)
      飛行中の翼に着氷してまった状況での判断を問われているのですが、
      ライムアイスの特徴として非常に粒の小さい水滴が凍るため空気を
      多く含んでいるので見た目では白い氷となります。

      軽い氷なので重さ的には問題はないのですが、
      非常に成長が早いので翼の形状が短期間に変わってしまうことになります。

      揚力が下がり空気抵抗が増えるので
      失速速度や推力に影響が及んでしまいます。

      このため通常のアプローチ速度や着陸速度では失速してしまう可能性があるので
      通常よりも速い速度で進入と着陸をする必要が生じるというわけです。