不具合を伴う飛行について

飛行前点検で何らかの不具合を発見した場合、原則その機体でのフライトを取りやめて修理に出すべきなのですが、修理を延期して合法的に飛行できる場合もあるのです。どんなケースなのか見ていくことにしましょう。

Preventive Maintenance (簡単な保守作業)

基本的に航空機の整備を行えるのは、整備士の有資格者に限られます。ただし、Preventive Maintenance と呼ばれるものに関しては、整備士以外の者が行えるのです。どんなものなのか学習していきましょう。

Airworthiness Directives (耐空性改善通報)

もしも航空機の設計や部品などに安全を脅かす不具合は発見された場合、FAAから改善通報(AD)が出されます。対象になる航空機はどうのような対処を迫られるのか。学習していきましょう。

Night Currency (夜間の最近の飛行経験)

乗客を乗せて飛行する場合、遡って90日以内に3回の離着陸を実施しなければならないことは既にご存知ですね。もし、これが夜間飛行であれば、条件は変わるのでしょうか?その辺につて見ていくことにしましょう。