TAF (Terminal Aerodrome Forecast) について

[Weather : 気象]

パイロット免許への水先案内人

須永です!

 

前回は、

Surface Observations (定時飛行場実況気象通報式) 

についてお話しさせていただきました。

定期的に英数字の書式によって

通報される気象情報で

METAR と SPECI があり

記載される内容や順序、

また具体的なデータの読み取り方は

マスターできましたか?

そこさえ押さえておけば

筆記テストは大丈夫です。

 

 今回は、

 TAF (Terminal Aerodrome Forecast)

についてお話したいと思います。

日本語では、

「運航用飛行場予報気象通報式」と

めちゃくちゃ硬い名前になっていますが、

簡単に言うと

METAR や SPECI が

現在の気象情報であるのに対して

TAF は、それらを基にした予報です。

METAR が毎時ごとに通報されるの対して

TAF は、1日に4回の通報となっています。

TAF の有効期間は、通常24時間です。

下の例は、Burbank 空港の TAF です。

通報日時は、28日の 23:22 Z で

有効期間は、29日の 00:00 Z から

29日の 24:00 Z までということです。

しかし、いくつかの空港の TAF の有効期間は

30時間になっているのです。

例えば、Los Angels International のように

多くの長距離便が乗り入れている空港などです。

長距離便の航空機は

当然上空に滞在する時間も長いので

少しでも先までの予報があると

助かるからなんですね。

Los Angels の例を見ると

通報日時は、28日の 23:22 Z で

有効期間は、29日の 00:00 Z から

30日の 06:00 Z までになっています。

この例のように

全ての TAF には日付と時間が含まれています。

しかし、筆記テストでは

時間だけの表記で

日付が省かれているなんて場合も

あるかも知れません。

例えば、下を見てください。

左は通報された時間で

12日の 17:20 Z です。

有効期間は

12日の 18:00 Z から

翌日の 18:00 Z までを意味しています。

こんな場合は慌てないでくださいね。

このように通報された時間と有効期間から

始まる TAF ですが、

以降は METAR と記載内容も記載順も

ほとんど同じだということなんです。

風から始まり以下の通りに進んでいきます。

・風

・視程

・重要な天気

・雲量

METAR とほとんど同じと言いましたが

何か抜けてますよね?

そうです。

温度/露点と高度計規正です。

温度/露点と高度計規正は

観測された値ですよね。

そもそも TAF って何でしたっけ?

はい。予報でしたね。

「Altimeter Setting は、3001の予想です」

なんて値は使えるわけがありませんよね。

実際に現時点の観測値を使用することで

安全な高度が保たれるわけですからね。

なので、予報以外のデータは

TAF には含まれないということです。

では、METAR の読み方を復習するつもりで

Memphis International 空港 (KMEM) と

Will Rogers World 空港 (KOKC) の

TAF を一つずつ見ていきましょう。

12日の1800Zから13日の2400Zまでの

30時間の有効期間の風の予報は

200°の方向から12knotsですね。

続いて視程は、5statute miles で

HZ (Haze) / もや・霞の予報。

雲の予報は、Broken で 3,000 feet です。

次に、PROB40 2022 とありますが、

PROB は、Probability の略で

40 と合わせて

40%の確率 (可能性がある) という意味です。

2022 は、Between 2000Z and 2200Z という意味で

2000Z から 2200Z の間ということですね。

つまり、2000Z から 2200Z の間に

40%の確率で次の事象が予想されますということです。

その事象とは、視程が1SM まで下がり

雷雨と雨が発生するだろうです。

TSは、Thunderstorm の略で

RA は、雨でしたね。

それから、Overcast が800 feet で

その雲の種類は、

CB (Cumulonimbus/積乱雲)ですね。

ここで一つ押さえておいて欲しいのは

予報される雲の種類は、CB だけだということです。

METAR では、Remark として

報告された雲が記載されることはありますが、

予報ではありません。

くり返しますよ。

予報される雲は CB だけです。

では、2行目にいきましょう。

FM (From) 2200Z から変わる予報が

以下の通りですということですね。

まず風は、330°から 15 knots で

突風が20 knots の予報です。

次に視程は、6SM よりも良くなるです。

6の前の P は、プラスの P で

~より良くなるという意味です。

それから雲は、1,500 feet の Broken と

2,500 feet のOvercast です。

更にまたまた40%の確立で

2200Z から 0200Z の間に

3SM の視程と

にわか雨 (SHRA=Shower Rain) です。

では、3行目です。

FM (From) 0200Z から変わる予報が

以下の通りです。

350°から12knots の風で

800 feet の Overcast 。

次に、40%の確立で

0200Z から 0500Z の間に

視程は2SM に下がり

-RASN は、light rain and snow 。

は、light で

SN は、雪です。

まあ、実際は雨と雪が

同時になんて天気はあり得ませんね。

ここは読み方の練習ということで

ご理解ください。

さあ、次に進みましょう。

BECMG 0608 の

BECMG は、Becoming の略で

徐々に変化していくでしょうという意味で

0608 は、PROB の場合と同じで

0600Z と 0800Z の間ということです。

つまり、

0600Z と 0800Z の間に

風は、020°から 8knots 、

雲は、1,200 feet の Broken に

徐々に変わっていくでしょう

ということですね。

4行目を見ると、

別の徐々に変化する天気が出てきました。

時間帯は、1310/1312 となっています。

13日の 1000Z から 13日の 1200Z までの間

ということです。

いきなり時間帯表記が変わりましたが、

練習用の参考資料ということで

色々なパターンに触れさせる意図があるのだと

思いますので、統一感がありませんが、

ご理解くださいね。

先に進みますよ。

風は、風向も風速も全て数値がですね。

これは無風ということです。

視程は、3SM で BR を含む。

BR は、mist と意味しています。

SKC は、Sky is clear です。

次に、TEMPO 1212/1214 の

TEMPO は、Temporary の略で

一時的ということで

その時間帯が、

12日の 1200Z から12日の 1400Z の間ですね。

何が一時的なのかというと

視程が、1/2SM で FG を含むです。

霧の影響で2時間ほど

視程が2分の1マイルに下がる予報ですね。

では、5行目です。

FM131600 は、

また別の天気の変化が

13日の 1600Z から変わるでしょう

いうことです。

何が変わるのかは、

VRB06KT の

VRB は、Variable の略で

変わりやすいという意味です。

つまり、風向は一定せず変化しやすいが

風速は、6knots で安定している

という状態ですね。

視程は、P6SM なので

6SM よりも良くなり

Sky is clear の予報ですね。

最後の = は、

予報は以上ですの意味です。

これでおしまい!ってことですね。

では、次に

Will Rogers World 空港 (KOKC) の

TAF の中から

一つだけ触れておきましょう。

2行目を見ると

5日の 1600Z から天気の変化が

予報されていますね。

風に的を絞って見ると

5日の 1600Z から

180°から 10 knots と予報が出ています。

その後、徐々に変化していくのが

5日の 2200Z から5日の 2400Z の時間帯で、

200°から 13 knots 、突風が、20 knots とあります。

ここまで大丈夫ですか?

ですから、5日の 1600Z から

5日の 2200Z までの間が、

180°から 10 knots の予報ということになります。

以上が、基本的な TAF の読み方です。

<まとめ>

TAF (Terminal Aerodrome Forecast)

◎METAR を基にした予報

◎1日4回の通報

◎有効期限は24時間、30時間の所もある

◎記載内容と順序は METAR とほぼ同じ(ただし、温度/露点・高度計規正など観測値は含まない)

◎TAF の予報に記載される唯一の雲は、CB のみ

略語に慣れながら正確に読み取れるようになりましょう。

https://www.weather.gov/media/wrh/mesowest/metar_decode_key.pdf

では、練習問題にトライしてみましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・

Q1  :  (Refer to figure) What is the valid period for the TAF for KMEM?

A  :  1200Z to 1200Z.

B  :  1200Z to 1800Z.

C  :  1800Z to 2400Z.

(Refer to figure)

:図を参照してください

What is the valid period for the TAF for KMEM?

:何ですか 有効期間は KMEMのTAFの

1200Z to 1200Z.

:1200ズールから1200ズールまで

1200Z to 1800Z.

:1200ズールから1800ズールまで

1800Z to 2400Z.

:1800ズールから2400ズールまで

自力で回答してから音声を聞いてください。

・・・・・・・・・・・・・・・

Q2  :  (Refer to figure) The only cloud type forecast in TAF reports is

A  :  Nimbostratus.

B  :  Cumulonimbus.

C  :  Scattered cumulus.

(Refer to figure)

:図を参照してください

The only cloud type forecast in TAF reports is

:唯一の雲の種類の予報は TAFレポートで ~です

Nimbostratus.

:乱層雲

Cumulonimbus.

:積乱雲

Scattered cumulus.

:散在する積雲

自力で回答してから音声を聞いてください。

・・・・・・・・・・・・・・・

Q3  :  (Refer to figure) Between 1000Z and 1200Z the visibility at KMEM is forecast to be?

A  :  1/2 statute mile.

B  :  3 statute miles.

C  :  6 statute miles.

(Refer to figure)

:図を参照してください

Between 1000Z and 1200Z the visibility at KMEM

:1000Zと1200Zの間 視程 KMEMの

is forecast to be?

:と予報される

1/2 statute mile.

:1/2スタチュートマイル

3 statute miles.

:3スタチュートマイル

6 statute miles.

:6スタチュートマイル

自力で回答してから音声を聞いてください。

・・・・・・・・・・・・・・・

Q4  :  (Refer to figure) What is the forecast wind for KMEM from 1600Z until the end of the forecast?

A  :  Variable in direction at 4 knots.

B  :  No significant wind.

C  :  Variable in direction at 6 knots.

(Refer to figure)

:図を参照してください

What is the forecast wind for KMEM

:何ですか 風の予報 KMEMの

from 1600Z until the end of the forecast?

:1600Zから予報の有効期限まで

Variable in direction at 4 knots.

:風向変わりやすく 風速4ノット

No significant wind.

:重要な風はなし

Variable in direction at 6 knots.

:風向変わりやすく 風速6ノット

自力で回答してから音声を聞いてください。

・・・・・・・・・・・・・・・

Q5  :  (Refer to figure) In the TAF from KOKC, the “FM(from) Group” is forecast for the hours from 1600Z to 2200Z with the wind from

A  :  180° at 10 knots.

B  :  180° at 10 knots, becoming 200° at 13 knots.

C  :  160° at 10 knots.

(Refer to figure)

:図を参照してください

In the TAF from KOKC, the “FM(from) Group”

:KOKCのTAFにある FMグループは

is forecast for the hours from 1600Z to 2200Z

:予報です 1600Zから2200Zまでの時間の

with the wind from

:風が~から

180° at 10 knots.

:180°から10ノット

180° at 10 knots, becoming 200° at 13 knots.

:180°から10ノット、200°から13ノットに変わりつつある

160° at 10 knots.

:160°から10ノット

自力で回答してから音声を聞いてください。

・・・・・・・・・・・・・・・

Q6  :  (Refer to figure) During the time period from 0600Z to 0800Z, what visibility is forecast for KOKC?

A  :  Possibly 6 statute miles.

B  :  Not forecasted.

C  :  Greater than 6 statute miles.

(Refer to figure)

:図を参照してください

During the time period from 0600Z to 0800Z,

:0600Zから0800Zまでの時間帯で

what visibility is forecast for KOKC?

:どんな視程 予報される KOKCで

Possibly 6 statute miles.

:6スタチュートマイルの可能性

Not forecasted.

:予報されていない

Greater than 6 statute miles.

:6スタチュートマイルよりも良くなる

自力で回答してから音声を聞いてください。

はい。どうでしたか?

ひとつひとつ読み取ることは

意外に大変な作業だったと思います。

ですが、TAF も前回の METAR にしても

書式は同じですし、

一度読み方を覚えてしまえば

どうってことはないはずです。

略語に慣れるまでが

少し時間がかかるかも知れませんが、

コツコツと身につけていってください。

はい。ということで、

今回は以上となります。

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございます!

ではまた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする