まずは日本語で理解しちゃいましょう!

[Aerodynamics:空気力学]

こんにちは、須永です!

さて、いよいよ今回から座学を始めたいと思います。

あなたは、英語は苦手ですか?

・・・

勉強は嫌いですか?

・・・

では、飛行機は好きですか?

英語は苦手というあなた。

それから勉強は嫌いというあなた。

安心してください。

私も同じですよ!

いきなり英語の教本を渡されても

読む気になりませんよね!?

まずは日本語で内容を理解してしまいましょう!

今まで少なくとも中学、高校の6年間は

英語の授業を受けてこられていますよね。

日本の英語教育って最近では話す・聞く分野にも

力を入れてきていますが、

まだまだ読む・書くの方に重きを

置いているように思われます。

私と同年代のあなたであれば、

完璧に読み・書き中心の授業であったはずです。

こらから私がお伝えしていくことは

筆記テストに合格するための知識を得て

いただくものに特化しています。

FAAの筆記テストにおいて

現地のアメリカ人よりも

日本人の方が合格率が高いそうです。

これは日本人がテスト慣れしているためだと

いうことでしょう。

それに大学入試のように

定員があるわけでもありません。

70%正解できた人は全員合格です。

100点満点を取る必要はないのです。

確かに専門用語は英単語も含めて

覚えることは沢山あります。

でも、好きなことならやれますよね?

もし、無理、できないというのであれば

そこまで好きなことじゃないということなので

止めた方がいいと思います。

でも、70%ですよ!

コツコツとやり続けられれば必ず

合格ラインに誰でもいけますので、

頑張っていきましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、いってみましょう!

今日覚えていただきたい単語

Thrust:推力

Drag:抗力

Lift:揚力

Weight:重力

飛行機が飛行中には4つの力が働いています。

一つは推力です。

これは機体を前進させようとする力ですね。

小型機でいうとエンジンによってプロペラを

回転させて前へ前へと進もうする力を発生させます。

推力とは真逆に抗力が働きます。

機体が前進すると空気とぶつかり

摩擦の抵抗が発生して

機体を減速させよとしています。

それから、機体を上へ引き上げようとする力

揚力が翼によって生み出されます。

揚力とは真逆に重力も働いているのです。

機体には元々の重量がありますよね。

その重さよりも大きな揚力が生まれると

機体は空中に浮かぶことになるんですね。

これら4つの力が働いていることを

覚えてくださいね。

飛行機が一定速度(加速も減速もせず)で進路も変えず

真っ直ぐに巡行飛行をしている状態を

Unaccelerated Flight

または

Straight and Level Flight といいます。

このとき、機体にかかる4つの力の関係は

推力 = 抗力

揚力 = 重力

となっています。

ここまで分かったところで

練習問題にトライしてみましょう!

The four forces acting on an airplane in flight are

A:  lift, weight, thrust, and drag.

B:  lift, weight, gravity, and thrust.

C:  lift, gravity, power, and friction.

飛行中の機体に働いている4つの力は

A・B・C のどれですか?ってことです。

正解は

A です!

どうですか?

合ってましたか?

簡単でしたよね?

例題のように筆記テストは全て

三択問題になっています。

こんな感じで今後も続けていきますので

一緒に頑張っていきましょう!

最後まで読んでいただいて

ありがとうございます!

それではまた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする