飛行訓練開始!

「ブーーーン!」

「ブーーーーーン!!」

けたたましいエンジン音に目が覚めました。

昨夜はこの部屋に着いたとたんに

寝込んでしまった感じでした。

それにしてもこの音うるさいなあと思いながら

ベッドから起き上がりました。

昨日は真夜中で辺りは暗く

気づきませんでしたが、

窓を開けると目の前には滑走路が広がり

何機もの機体がタッチ&ゴーの訓練をしていました。

シャワーを浴びて身なりを整えて

スクールの事務所に向かいました。

スタッフ全員を紹介されて

私の専属のインストラクターは

ウィリアムズ(通称・ビル)に決まり

こんな感じでアメリカ生活が始まったのです。

その後は悪戦苦闘の連続で

特に言葉の壁は大きく

すぐにホームシックにもなりました。

日本である程度の英会話に自信を

持ってからの渡米でしたが、

現地の人間はマシンガンのように

まくし立ててくるので

耳が追いつきません。

それでも3ヶ月を過ぎたあたりから

少しずつ言葉が拾えるようになり

周りの人たちに助けられながら

1年かけてFAAプライベート、コマーシャル、

インストルメント、マルチエンジンのライセンスを

取ることができました。

帰国後、日本はバブル期で

かなりの企業がヘリコプターを所有する時代でした。

ヘリの免許を持っていれば

引っ張りだこの状況であったため

借金をして再びアメリカに渡りました。

しかし、日本は間もなくバブル崩壊。

景気低迷で航空業界に止まらず

あらゆる分野で就職氷河期を迎えることになりました。

結局、やっとの想いでガキのころの夢である

パイロットの免許は取ったものの

パイロットという仕事に就くことは叶いませんでした。

それでも30半ばまではバイトをしながら

チャンスを伺ってはいましたが、

ついには全く畑違いの仕事を定職とするこにしました。

またまた運命と時代を恨みながらの生活に

戻ってしまったのです。

それから月日は過ぎ50を超えてから

このままでは終われないという想いが

日に日に増してきたのです。

私の人生で一番熱くなれるもの・・・

それは飛行機です。

空です。

こんな私でも昔培ったものが

誰かの役に立つことができたら

こんなに嬉しいことはありません。

私も英語ではかなり苦労しました。

ですが、現地での飛行訓練をそれなりに

こなすことができたのは、

やはり、筆記テストにすぐにでも合格できるだけの

知識を持ってから訓練に臨めたからだということに尽きます。

それは自信を持って言えます。

私の若かりし日のストーリーを

今まで長々と書いてきましたが、

このブログを立ち上げた本当の理由は

昔話を綴るためではありません。

私と同じように子どものころ

空を飛んでみたいと思ったあなた。

昔、色々な事情により

チャレンジできなかったあなた。

今、自由に使えるお金を手にしたものの

英語が心配で踏み切れずにいるあなた。

そんなあなたのために

筆記テスト突破に特化した内容で

ブログを書いていこうと思います。

次回からが本当の本題に入っていきますので

よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする